" 下取りで10万キロ越えのミニバンに値段がついた

走行10万キロ越えの愛車の価値を認めてもらった嬉しさ

車を購入すれば長く乗る方で、今の車(ホンダのミニバン)の前までは大体7~8年くらいで乗り換えていました。

新車への乗り換えのときの下取り車は当然6年以上経っているのでいつも「査定ゼロ」と言われ、下取りには出さずに車買取店で査定・買取をしてもらってきました。

今乗っているミニバンは使い勝手がよく、気に入って乗り続けているうちに気がついたら10年を超え、走行距離も10万キロを超えています。

そろそろと思っていたらスバルから「これだ!」と言う新型車が出たので、ディーラーへ行きいろいろ話を聞いて新車を注文する段取りとなりました。

そのとき驚いたのは、ディーラーへ乗っていった今の車についてディーラーの方が走行距離を確認した後「下取りに出すなら○万円は保証しますよ。」とろくに査定もせずに言ったことです。

これまでは7~8年物でもゼロと言われてきたので、当然今度の車は10年を越えているし新車ディーラーでは値段がつくわけがないと思っていたので、ちょっと驚きました。

詳細に査定をすれば金額の上乗せもあるようなニュアンスです。

「買取店で査定がこれより低かったら、その後で持ってきていただいていいですよ。」とも言いました。

それほどの人気車でもないし、10年以上経っているし、走行は10万5千キロ近くです。

今までなかった経験で、愛着があった車だけにまだ価値があると認められたようでちょっぴりうれしくなりました。

ライバルメーカーからの乗り換えだからなのでしょうか。

でも値引きの方もしっかりしてくれていますので、値引きの枠を下取りの方にまわしたとも思えません。

スバルの車は始めてなのですが、スバルのディーラーの方針なのでしょうか。

最近ではディーラー自身が業者オークションに出品することもあると言いますから、このディーラーもオークションなど独自の転売ルートを持っているのかもしれません。

車買取店も店頭販売をやったり、中古車販売店も買取を行ったりと、中古車業界では各業種のクロスオーバーが進んでいるようですが、新車ディーラーもそのような流れになってきているのかもしれません。

業者オークションに出せばオークション相場で捌けますし、また中抜きで中古車販売店に回せばオークション費用や会場への陸送費もかかりません。

また新車ディーラーが下取車を車買取専門店に転売するということも結構あるようですから、そのような流れになっているのかもしれません。

まあ、聞いてもはっきりは教えてもらえないでしょうから詮索はしませんが、新車ディーラーも変わってきたなあというのが率直な感想でした。

さて今の車、納車予定日が決まればその頃をめどに一括査定をしようと考えていますが、どのくらいの査定がつくのか興味深々で楽しみになってきました。

査定額によっては「ディーラーさんでは○万円で下取りすると言ってますよ」と煽ってみましょうか。

それにしても印鑑証明の準備とか任意保険の車両入れ替えだとか、新車購入のときは結構忙しくなりますね。

10年ぶりの新車でなんか浮き浮きした忙しさなんですが。

納車は4月に入ってからになりそうですが、それまでカタログの写真を見たりディーラーオプションのアクセサリーをあれこれ迷ったりしながら楽しみに待ちたいと思っています。

ホ ー ム
一括査定がおすすめな理由一括査定の使い方と必要なもの利用者の多い一括査定を比較高額査定を引き出そう
車査定Q&A軽自動車を個人売買で売る多走行の軽自動車を売る軽の相場が上がる時期
10万キロ走行車に下取り価格が付いた

このページの先頭へ