" この話って本当?~軽自動車買取査定Q&A

車査定に関する噂はよく確かめた方が良い

これ 傷は修理した方がいい?

ズバリ結論を言えば、修理した方がいい場合と修理すべきでない場合があります。

<修理した方が良い傷>

洗車のブラシ傷やワックス塗りの渦巻き傷などの微細な傷、洗車の時見つかるちょっとしたこすり傷などは、査定にとってマイナス要因になると考えなければなりません。

非常に小さく浅い傷であれば、ホームセンターやカーショップで手に入るメンテナンス用品できれいにすることができます。

コンパウンド入りのワックスなど一度掛ければ磨き傷などが目立たなくなり、見違えるほどきれいになります。

また、傷に対して直角方向に擦り込むタイプで、結構目立つ傷でも目立たなくできるような用品もあります。

お金も労力もそれほど掛かりませんから、是非小キズは自分で修繕しておきましょう。

洗車や掃除と同じで、きれいになっていれば大切にされてきた車だという印象を査定士に与えることになります。

<修理すべきでない傷・へこみ>

深い傷、へこみ、サビなど、板金塗装が必要な傷などは、自分で修理するのはやめるべきです。

十中八九状態を悪化させてしまうことになるでしょう。

また、修理を依頼するのも考えものです。

よく言われる「修理代をかけても査定額の値上がりでカバーできない」という理由だけでなく、逆にマイナス要因になる可能性もあるからです。

たとえば、ヘコミなどを修理する時はボディパネルのボルトなどを外さなければなりませんが、その痕跡が査定士に見抜かれて「修理歴あり」と判断される懸念があるからです。

キズやヘコミについては、自分でできる範囲外の修理は行わないというのが鉄則です。

これ 査定前に洗車した方がいい?

ズバリ、した方がいいというか、いい査定を望むなら洗車してワックスがけをするべきです。

中には、買取後プロによる洗車・クリーニングが行われるのだから労力が無駄だという考え方もあるようです。

でも、問題は合理性でなく、査定時の印象の問題なのです。

あなたが全く同じ条件の、一方はきれいに洗車・ワックスがけされており、片方は汚れているいる車2台のうち、どちらかをプレゼントされるとしたら、間違いなくきれいな方を選ぶことでしょう。

外観だけでなく、こんなに大切にしているのだから前オーナーは車好きでオイル交換、バッテリーチェック、ブレーキパッドのチェックなどの日常のメンテナンスもきちんとやるような人だったろうと考えるのが普通です。

「車をきれいにすることで、大事に乗っていたことを知ってもらう」

査定前の洗車の意味はこれに尽きます。

あなたが査定士だったら、内外ともきれいにしてある車を気持ちよくチェックするのと、外観は汚れ中のごみやホコリに顔をしかめながらチェックするのとでは、どちらに好印象を持つでしょうか。

マナーを知るオーナーだと思ってもらうことも必ず好結果につながるはずです。

これ ボディーカラーで査定が違う?

結論から言えば、「人気カラーであればプラス査定を期待できるが、人気のないカラーでもマイナス査定を心配する必要はない」ということになります。

各車種とも「白・黒・パールホワイト」などのボディカラーが一般にプラス査定されやすいと言われています。

でもどの車種でも「白・黒・パールホワイト」がプラス査定されるわけでもありません。

たとえばフェラーリの赤のように、メーカーのアイデンティティーカラーがあるような場合は、そのカラーが高い評価になります。

このように特別なこだわりを別にすれば、そもそもボディカラーは人の好みの問題で、人気のカラーも時間の経過とともに変わっていくものですから、気にしても仕方ないものなのかもしれません。

ヨーロッパの人たちから見ると「色々なカラーが選べるのに、なぜ日本では素っ気無い白の車が多いのだろう?」という印象になるそうです。

人気車種の人気カラーであればアピールした方がいいでしょうが、通常はあまり気にする必要がないということになります。

これ 車検が長く残っていれば有利?

日本自動車査定協会が定めている車検の残り月数による加点の違いは、車種クラスⅣ(フィット、ヴィッツなど)の場合で月平均1.8点(1点=約1000円)になっています。

購入直後の36か月残で56点加点、3か月残から加点0になります。

したがって、車検の残期間が長いほど査定額がプラスになるのは事実と考えていいでしょう。

でも、だからと言って車検を通してから査定を受けた方がよいということにはなりません。

例えば車検切れ間近だからといって車検を通してから査定を受けても、加点の違いは50点程度にしかなりません。

3年目に入った車の車検を5万円より安い費用でできるのかという問題になります。

査定前に車検を通しても、費用に見合う査定額アップは期待できないというのが現実です。

なお、車検切れの場合でも、現在では大方の中古車買取店で査定・買取りを行っていることも知っておいた方がいいかもしれません。

車検切れで車を動かせなくても、出張査定をしてもらうことができます。

これ 事故車は値段が付かない?

とんでもない!

事故歴のある車は当然のこと、自走できない状態まで壊れてしまった車、水没車、故障車、過走行車などでも買取をする業者がいます。事故=廃車というのは、もう昔の常識です。

今なら一括査定で各業者の査定額を比べて売ることさえ可能です。

一昔前なら「事故車 = 費用を払って引き取ってもらい、費用を払って処分してもらう」だったのが、
現在では「事故車 = 無料で引取り又は買取ってくれ、処分にも費用がかからない」という時代になっています。

その背景は事故車(ダメージカー)の流通市場の大幅な活性化です。

リサイクル、リユース事業、海外への輸出などが急増し、国内では買い手がつかない中古車や事故車でも、リサイクル、リユース業界、海外などへどんどん出るようになっています。

象徴的なのは「事故車の現状オークション」という業界オークションです。(事故ったままの事故車はもちろん、年式の古いクルマや走行距離の多いクルマなどが積極的に売買されていると言います。)

ここで取引された車両が、中古車としてのリユース、海外輸出、部品、各種資源など多種にわたる分野へ流通し、リユース事業やリサイクルビジネスを活性化させているというわけです。


ホ ー ム
一括査定がおすすめな理由一括査定の使い方と必要なもの利用者の多い一括査定を比較高額査定を引き出そう
車査定Q&A軽自動車を個人売買で売る多走行の軽自動車を売る軽の相場が上がる時期
10万キロ走行車に下取り価格が付いた

このページの先頭へ