" 軽自動車の買取でなぜ一括査定がおすすめなのか

複数社の査定を一度に比較~これがポイント

これ <体験>ディーラーの「下取り」の実態

ちょっと特殊な中古車購入をした体験をご紹介します。

某ディーラーのセールスマンに新車のオーダーを相談したら、フルモデルチェンジが迫っていて希望のボディーカラーがどうしても手配できないとのこと。

代わりに中古車になるが最上級グレードで程度のいい2年半物なら希望カラーを紹介できるというオファーがありました。

通常の店頭価格より40万円以上も安く渡せるし、今のオーナーの乗り方やディーラー修理工場での点検歴もはっきりしているので絶対のおすすめだということです。

信頼できる人でしたし思わぬ好条件に、新車は止めて即決しました。

落ち着いてからそのセールスマンに「どうしてあんなことができたの?」と聞いたところ、「一般の人には絶対話さないでくれ。」としたうえで舞台裏の話を教えてくれました。

簡単に言えば、そのディーラーの下取り車を、同系列の中古車販売店へ回すルートから外し、ほぼ下取り価格のままで私の方に回してくれたということでした。

つまりこの車種、グレードの下取り価格は、40万円を超えるマージンを差し引いて決められているということを図らずも知ることになりました。

「通常のグレードでも2~30万円はマージンを見る」ということも話していました。

「マージン」の内訳は、クリーニング、修理点検など系列中古車店の店頭に出すための必要経費、償却費、利潤など、下取り額に上乗せする採算確保のための経費ということのようでした。

この「マージン」、つまり「上乗せ価格」の違いが「下取り」と専門店による「車買取」の違いの一番のポイントになっていることもわかりました。

かいつまんで言えば、中古車オークションで買取車を売りさばく買取専門店は、系列の中古車店で展示販売するディーラーと違って展示のための土地代、在庫経費、人件費などが必要ないのです。

この違いがディーラー下取り額と買取店の査定額との違いになっているんだということが、この体験でよくわかりました。

これ <車買取専門店>高額買取を行える理由

ディーラーの下取りよりも専門店による「車買取」の方が高額査定を出せるポイントは二つあります。

①ディーラー系列の狭い地域での展開に比べ、広い流通経路で全国展開ができる買取専門店の方が再販価格を高く設定できること。

②地域への振り分けやオークション活用などで在庫を多く持たず広い店舗も必要としない車買取専門店は、広い店舗を構えるディーラー、中古車販売店よりマージンを低くすることができること。

わかりやすい例で言えば、雪の多い地域や山菜狩りの盛んな地域では中古の4駆が人気で、手ごろな軽の4駆など探し出すのも大変だということをご存知でしょうか。

地域のテリトリーのあるディーラーなどでは、都市部で4駆が下取りで入ってもそれを人気のある地域に振り向けるのは難しいでしょうが、全国展開の買取専門店ならそれができます。

また、リユース、リサイクル、輸出などの流通経路を持ち、事故車や過走行車にも値が付けられる専門業者に対し、ディーラーでは査定額ゼロでも赤字になり下取りできないということになるでしょう。

このように高額査定という点で、車買取専門店のメリットは明確です。

この買取専門店が高額査定を競うのが、一括査定サービスの相見積もりです。

これ 車の高額買取を目指すなら一括査定が欠かせない

愛車をできるだけ高く買取ってもらいたい時、最良の方法はまず『一括査定』を行なって複数社の査定額を比較してみることです。
一括査定をいくつかやってみれば愛車の買取査定の相場がわかりますし、最高額で買い取ってもらえる買取店も知ることができます。

査定額に納得できたらその業者に出張査定査定をしてもらい、より詳細な査定を行なってもらうことができます。

一括査定は、このように高額買取を実現するための入口のようなものだといってよいでしょう。

また、高額査定を引き出すには「中古車情報」をできるだけ広く知ることも大切かもしれません。

車の査定を行う有名な会社のひとつにカービューが運営する「みんカラ」というコミュニケーションサイトがあります。
愛車を高く売るために中古車情報を知りたいという人は、このみんカラに注目するケースが非常に多いといいます。

カービューで査定を行いその情報をみんカラで公表、その中古車情報を知るために中古車査定の希望者が集ってくるという好循環のコミュニティーになっています。
買取専門業者がこのようなコミュニティーサイトを運営していることが大きいメリットになっています。


ホ ー ム
一括査定がおすすめな理由一括査定の使い方と必要なもの利用者の多い一括査定を比較高額査定を引き出そう
車査定Q&A軽自動車を個人売買で売る多走行の軽自動車を売る軽の相場が上がる時期
10万キロ走行車に下取り価格が付いた

このページの先頭へ